腱引き×スポーツ障害

なぜ腱引きとスポーツ障害の相性はいいのでしょうか。それは、痛みの原因を炎症としてみるのではなく筋肉の硬直やズレが引き起こしていると考えているからです。

炎症とは

炎症のほとんどが内出血が引き起こしているのが分かると思います。しかし、炎症が痛みの原因と考えると筋肉の状態が考慮されていません。身体を動かす際に必要な「筋肉の状態」を無視して怪我の早期改善は難しいです。腱引きではどのように対処していくのか、捻挫を例として考えてみます。

スポーツ障害  〜捻挫をしてしまったら〜

整形外科での一般的な処置 
一般的には「捻挫にはR・I・C・E処置」という考え方があります。 

R・I・C・E処置とは 
●Rest (レスト) ⇒ 安静
●Ice (アイシング) ⇒ 冷却
●Compression (コンプレッション) ⇒ 圧迫・固定
●Elevation (エレベーション) ⇒ 挙上 

一般的に、この4つの処置を行いますが、本人の治癒力に頼り自然に治るのを待っているのに過ぎません。

整形外科・整骨院と腱引き賀来道場の違い
筋肉を元の状態に近づけよう

腱引きの捻挫修復術は、その場で通常歩行とジャンプが出来るようになる事を目的に施術します。 大事な試合を目前に足を挫いてしまった多数のスポーツ選手の短期復帰に向けて成果を上げています。  捻挫でお困りの方は、腱引き・賀来道場の捻挫修復術をお試しください。 

アイシングについて

アイシングは、障害予防の一つとして用いられていますが、著者はお勧めしておりません。なぜなら、医学的方法で「アイシングが障害を予防する」という研究成果はまったくないからです。また、肘の内側側副靭帯損傷を手術してみると、一般的にアイシングの効果としてあげられる炎症は、病理検査ではほとんど認められません。

高校球児なら知っておきたい野球医学―肩肘腰痛の予防と対処

上記は、私がスポーツ施術の勉強をする際に参考にさせて頂いた本の一部です。大変勉強になりました。

アイシングをすることによって筋肉の硬直はさらに進み、可動域が狭くなり筋肉の中にある毛細血管が圧迫され血流も悪くなります。その結果、栄養分や酸素が送られてこないため改善までの時間がさらにかかってしまいます。

腱引き賀来道場の診断・処置・調整法

1:捻挫の際に注目する4個の筋肉 

捻挫に最も多く見られる内側にひねった場合この四つの筋肉はどう動くのか解説していきます。 まずは第3腓骨筋と長趾伸筋に着目します。 


2:長趾伸筋と第3腓骨筋の隙間の腱調整

図に書いたように第3腓骨筋と長趾伸筋の隙間が狭くなり、滑液胞が膨れ上がり痛みの原因になります。 腱引き療法では、この二つのスジを独自の手技で調整します。


3:短腓骨筋と長腓骨筋のズレを戻す

この画像の様に長腓骨筋と短腓骨筋がくるぶし方向に引っ張られます。 引っ張られたスジは固まるので、筋肉を緩めます。緩めた後に、2つのスジは本来凹みに収まっているので、外れた輪ゴムを凹みに引っかけるようスジを収納します。


高校生以下の初回料金を3,000円にて行なっております。一般の方が必要な初回検査料も無料です。腱引きはスポーツとの相性が非常に良いです。試していただく価値は充分にあると思います。

※2回目以降は施術料5,000円です

ご予約お問い合わせ

インターネット予約システムを導入致しました。ご不明点などは下記のお問い合わせ先までよろしくお願い致します。
予約システムについてよくある質問はこちら

お問い合わせはこちらから

070-5695-7022
(金澤 遼太郎)

金澤 遼太郎金澤 遼太郎

ご予約やお問い合わせの際は、お電話以外にもショートメッセージ、LINEなどでも構いません。私、金澤がお受けいたします。

Googleマップ


〒870-0850 大分県大分市賀来西1丁目16-7 エムズセレッソ賀来西102
【電話番号】070-5695-7022
【営業時間】9:00〜21:00(予約制)
【定休日】火曜日、指定日 


【大分 整体】腱引き・賀来道場へお越しのお客様へ